昔と比べて、転職をする人の数は爆発的に増えてきました。

 

1つの会社に定年まで働いて勤め上げるということが、昔の美徳されていましたが、今は古い考えとも言えるでしょう。

 

安定した収入を得るために、できるだけ今の会社から動かないという考えも、決して否定することはできません。

 

しかし、それでも転職をする人がたくさんいるのです。

 

但し、転職をする理由は様々あります。

 

早期退職やリストラで転職を余儀なくする人や、現在の職場では、上司や同僚との折り合いが悪く思うように仕事が進まないということから、会社を変わる人もいます。

 

その中で、積極的に転職を続ける人もいます。

 

しかし、決して、やり甲斐を感じていないとか、人間関係が悪いからという、マイナス的なことではありません。

 

むしろ、大きな実績を残しつつ、新しい次なる会社に変わっていく人です。

 

このような人々は、自分の夢や願望、ビションをしっかりと思っています。

 

自己実現のためのストーリーをしっかりと構築できているのです。

 

キャリアアップ、ステップアップをするために、転職をするのです。

 

新しい会社に入ることが目的ではなくて、自分の社会的な価値を高めるために、手段として転職をしているのかもしれません。

 

このようにキャリアアップのための転職は、中々簡単にできることではありませんが、もし何らかの事情で転職をしなければならない時に冷静に考えて欲しいことは、"自己実現のための転職"だということです。

 

少しでも積極的な気持ちと姿勢で臨むなら、転職も成功することになってくると思うのです。

  • 2016/09/11 14:31:11