昔と比べて、今は転職に対する抵抗感や蔑視感は、低くなっています。古い年代の考え方だと、転職をした人に対して、「1つの会社も満足に勤めあげることができないのか。」ということもありました。しかし、今では転職できる人程、社会的に評価や価値が高くスキルを有している人と受けとめられています。それは転職を通して、自分のスキルをさらに高めて、キャリアアップを目指しているからです。、多くの企業も採用面においては、定期採用で未来の人材育成に余念がありません。しかし、キャリア採用、いわゆる転職組も積極的に採用する企業が増えてきたのです。残念ながらこのために「職歴なし」という経歴では非常に難しいのは言うまでもないですね。

 

これは若い新入社員を戦力とするには、時間がかかりすぎて、即戦力なりえる人材も必要なのです。このようなことから、中途採用時にて、自社の経営に貢献できる人を選ぶのです。転職する人はこのようなことをシビアに求められることになります。新入社員のころの就活とは、求められる要件や条件が異なることを認識しなければなりません。ある年輩者の管理職が下請けの会社に転職した時の話です。面談者からは「もし、あなたが我が社に社員として働くのなら、今まで培った人脈で、数億円の商談も持ってきてください。」とても良く強烈な言葉だったらしいのですが、これが年配者の転職の現実だということを認識して新たなステージを探すことがいいとも思うのです。即戦力として使える人こそ、転職ができるというリアルな話として受け止めておくことも必要でしょう。

  • 2016/09/11 14:44:11